失恋で苦しむあなたに贈る

わざと失恋ソングを聞いて思い切り泣く

スポンサーリンク

失恋しても人の前では気にしていないふりや、強がってみても、内心酷く傷ついていることはあるものです。

 

もし普段の生活において、そのふられた相手と頻繁に出くわすことがさけられない場合は、その落ち込み具合を相手に悟られたくないというのも事実です。

 

普通にしているのが辛いときでも、表面的には普通に振る舞うというまさに最悪の事態になることもあります。


そうしたときは、一人になれるときに、わざと失恋ソングを聞いて思い切り泣くという方法でそのストレスを発散することもできます。

 

感情や思いの丈を相手にぶちまけることは、すでに失恋してしまっているので不可能です。

 

ですが、誰にも知られず、迷惑をかけないで、自分の悲しくて辛い気持ちを発散するのは自由です。

スポンサーリンク

その発散の仕方も色々な方法がありますが、怒りや悲しみという感情は抑えすぎるとよくありません。

 

涙が涸れるくらいまで悲しむ、そして自分が思い切り感情移入できる失恋ソングのチョイスも非常に大事です。

 

失恋ソングの世界観にはまりきって、とにかく好きなだけ悲しむ、涙を流すことは、普段感情を抑制している人にとってはよい発散方法になります。


思いっきり泣いたあとはむしろすっきりして、同じ事を何回も繰り返しているうちにすこしずつ悲しみが癒えて行く事だと思います。

 

まずは自分の気持ちを自覚し、悲しいのならばその気持ちに蓋をしないで発散させてあげることですね。

 

自然な感情はだれでもありますし、その悲しい気持ちに無自覚でいるとむしろ危険なものです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加