失恋で苦しむあなたに贈る

お酒を飲んで酔って忘れる

スポンサーリンク

人と一緒に飲んで酔うのも楽しいのですが、一人で本当に好きな美酒に酔うとか、好きなことをしながら晩酌というのも悪くないものです。

 

お酒を飲んでいれば、その間は気分が高揚しますし、そうすることで自分で自分のことを労ることができます。

 

飲みすぎは体を壊してしまいますが、それでも本当にお酒が好きでそのことが良い息抜き、リラックスになっている場合は、限度を超さない程度なら悪くないでしょう。


そうして毎日、楽しい晩酌などをしているうちにだんだんもとの恋人のことを忘れることができるかもしれません。

 

一人の晩酌というのは寂しくなりがちですし、ついつい深酒をしてしまうものですが、自分でしっかりコントロールできる範囲なら、だれに気兼ねすることもないしいいものです。

 

自宅で飲めば安上がりだし、万一酔ってしまっても誰に迷惑をかけることもありません。

スポンサーリンク

ですので、それはそれでいいのでしょう。

 

寂しさを感じて、それが慢性的になったり、また話し相手がいない、時間が有り余っていたりするとアルコール中毒になる可能性があります。

 

くれぐれも危険だと思った時は、それなりに対処する事が大事です。


お酒は飲み過ぎると次の日がきつかったり、お酒の味が分からなくなったりしてしまいますので、お酒を愛するなら、あえてあまり深酒はしないというのも必要な心がけだと思います。

 

お酒を飲んで酔っているときはいいですが、醒めているときは寂しくてしようがないというのはよくない傾向ですから、一人飲みは避けた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加