失恋で苦しむあなたに贈る

お風呂で思いっきり泣く

スポンサーリンク

失恋の悲しみが急に襲ってきて、涙を流したくなるほど悲しいことがあります。

 

でも声をあげてなくことができない、つまり家族や同居人がいる場合、泣いていることを悟られたくないですよね。

 

そういったときはお風呂場で泣いたり、また水や湯船に顔を埋めて泣けば、周囲の人に気付かれず泣くことができます。


親に余計な心配をかけらない、また家族にいうことができない失恋で、その破局の理由が言えないこともあるものです。

 

自分だけが抱えてお墓までもっていかないといけない思いも長い人生では当然おこってくることでしょう。

 

そうしたことをすべて考えると、泣く事もできない辛い失恋ほど悲しいものはありません。

スポンサーリンク

布団の中で声を殺して泣くよりも、できれば発散できる場所はあったほうがいいです。

 

そして、できれば大声をあげて泣く事が出来ればそのほうがいい、その疑似体験ができる、つまり声をあげて大泣きしても、そとにそのことが分からないのが湯船になります。

 

または洗面器にお水をためて、そのなかに顔をいれて叫ぶこともできます。


人には言えないストレスを抱えているときもその方法で、かなりストレスを発散することができます。

 

叫んだり、どなったりできない居住環境にある私たちは、ときには、そういった場所を選んで泣く事も必要になってきます。

 

でもお風呂場でそのまま叫んだり泣いたりするとむしろひびいてしまうので、水や湯船を使うことを忘れないでください。お風呂で泣くと、顔も浮腫ませないですむし、一石二鳥とはこのことですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加