失恋で苦しむあなたに贈る

とにかくひたすら眠る

スポンサーリンク

「寝逃げ」という言葉があります。

 

これは眠ることによって嫌な事や怒り、思い出したくないことを寝る事によって忘れることです。

 

実はこれは非常に効果があるので、実際に考えに詰まったとき、もうどうしようもないときは眠ることでよいアイディアが浮かんだりするものです。


失恋したあとは心身ともに疲れていますし、疲れているとろくなことを考えませんので、まずは疲労回復です。

 

沢山寝る事で、寝ている間は失恋の痛みを忘れていますし、起きたときはすこしすっきりしています。

 

そうしたことを繰り返すことで、だんだん失恋の痛みも忘れてきます。

スポンサーリンク

前の恋愛のことを思い起こして泣きそうになったり、落ち込みそう、もしくは怒り狂ってどうにも気持ちがおさまらないときは、まず寝てしまうのもいいでしょう。

 

そうすれば感情はすこしはセーブできます。

 

イライラしているとき、悲しいときは、食べることに走りがちですが、好きなだけ食べていたら太ってしまいます。


もし、そうしたむしゃくしゃした気持ちを眠ることで癒し、食事を摂らないので太ることもないし、また睡眠をしっかりとることは美容にもいいので悪いことではありません。

 

ただちょっと睡眠を取りすぎると他にやることがある場合は、それが疎かになってしまいますが、余計なことをして心も体も疲弊させてしまうよりは、ずっと眠っていたほうがいいのは、確かなことかもしれませんね。

 

それを経験上知っているので、嫌な事があったり、疲れるとすぐに寝てしまう人も多いのでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加