失恋で苦しむあなたに贈る

無理に忘れようとせずに徐々に気持ちが薄れるのを待つ

スポンサーリンク

失恋は、性別、世代を問わずどんな人にとっても、辛いものですよね。

 

多少年齢を重ねているとどのように気持ちを紛らわしたらよいか、または忙しくて失恋に浸っている時間がなかったりして、若い人よりは失恋から立ち直るのは早いでしょう。

 

それだけ失恋経験豊富ということもあるでしょう。


でも多かれ少なかれ誰でもが失恋すればショックですし、相手のことを思って悲しくなることもありますよね。

 

これから他に好きな人ができないのでは、とかもう死んでしまうほど悲しくて毎日泣いてしまうということも考えられます。

 

でも、安心してください。

 

どんなに大恋愛でも、もうだれも好きにならないと思っていても、時というものがそうした気持ちをすこしずつ風化してくれます。

スポンサーリンク

それは悪いことのように思うかもしれません。

 

また、もう一生誰も好きにはならないと決意することもあるでしょう。

 

しかし、時の流れというのは割に残酷なものなのです。

 

だんだんと新しい日々、そして新しい出会いへと気持ちがシフトしていくのをだれでもが実感する筈です。

 

そうではないと、いつまでも同じ所で失恋に悩んでいないといけなくなります。


それは時間のムダ使いというものです。

 

無理に忘れようとすることはありませんが、どんなに辛い思いも、すこしずつ時が癒してくれて、最後には笑えるようになります。

 

その気持ちの変化を自分で自覚しないまでもだんだんと相手に対する気持ちが薄れていくというのは事実です。

 

そのことを忘れず、どのような辛い失恋でも解決のときはくる事を知っておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加